賃貸マンションの鍵交換・鍵紛失・鍵防犯について

賃貸マンション

鍵は私たちの生活に欠かすことの出来ないものです。
私たちが日常生活で使用する鍵はいくつもありますが、特に使用頻度が多いのが自宅の玄関の鍵ではないでしょうか。
使用頻度が多いということもあり、紛失や破損のリスクも高くなりますし、防犯性を気にされる方も多いでしょう。
私たちが生活をしている家ですが、持家の方が全てではありません。
賃貸物件を借りて生活をされている方も多くいらっしゃいます。
持ち家だと自分が所有する家ですので、玄関の鍵の管理は全て自分自身で行うことになります。
ですので、紛失をした場合や交換をしたいと思った場合は、全て自分の責任・判断になります。
しかし、賃貸物件の場合だと、オーナーや不動産会社、管理会社など、さまざまな方たちが関係をしていますので、住人の判断だけで出来ないことも多々あるのです。
賃貸物件に住んでいる方が、鍵を紛失したり、交換をしたいと思った場合、どういった手順を踏んで作業をすべきなのでしょうか。
玄関の鍵は家にとって非常に大切な鍵ですので、その鍵の管理に関してはきちんと把握をしておかなければなりません。
それでは、賃貸物件の鍵の対応について、色々なシーン別にご紹介をしていきます。

賃貸の鍵を交換する場合

賃貸物件の住人が玄関の鍵を交換したいと思った場合、どのような手順を踏んで作業をしていくべきなのでしょうか?
賃貸物件の場合、前の住人がいることも多く、入居時に鍵を新しく変えて欲しいという方は結構いらっしゃいます。
最近では、防犯への意識が強くなってきていることもあり、賃貸物件の玄関の鍵は入居者が変わるたびに交換をしていることが多いようです。
賃貸物件の物件情報を見ていると、費用の欄に「鍵交換代」と書かれていることが多いです。
家を借りる場合にかかる鍵交換代としては、鍵の種類によっても異なってくるのですが、1万数千円〜数万円が一般的だと言われています。
防犯性の高い鍵を取り付けるほど、交換にかかる費用が高くなると思って頂ければいいでしょう。

 

賃貸の鍵を交換する場合ですが、交換をするかの最終決定をするのはオーナーや不動産会社、管理会社です。
住人が勝手に鍵を交換することを決めてはいけません。
鍵を交換したいと思ったときは、オーナーや不動産会社、管理会社に相談をして了承をもらってから交換作業に入るようにしましょう。
鍵に関するトラブルは思った以上にやっかいですので、合鍵を作る際も念のためにオーナーや不動産会社、管理会社に話をするようにして下さい。
勝手に鍵を交換したり、合鍵を作ってしまうと、防犯上の問題から退去時に鍵を交換するように指示をされることもありますし、余計な費用がかかってしまうことにもなってしまいます。
賃貸物件の家は自分の所有物ではありませんので、オーナーや不動産会社、管理会社に事前相談・確認を必ず入れるようにしましょう。

 

最近では、防犯上の問題を考える方も多く、防犯性の高い鍵に変えたいと思われる方も多くなってきています。
賃貸物件の場合は、オーナーや不動産会社、管理会社に相談をして、了承をもらうことが出来れば、防犯性の高い鍵に変えることも可能です。
住人が自らの意向で鍵の交換を申し出る場合は、鍵の交換にかかる費用は基本的に住人持ちとなることが多いです。
鍵の交換を依頼する業者は、住人が指定出来ることもあれば、オーナーや不動産会社、管理会社が指定をしてくることもあります。
賃貸物件はあくまでもオーナーや不動産会社、管理会社の所有物ですので、住人の要望が全て通るとは限らないのです。

賃貸の鍵を紛失した場合

賃貸物件の鍵を住人が紛失してしまった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?
まずはオーナーや不動産会社、管理会社に連絡を入れるのが先決です。
鍵を紛失してしまった場合、家にはいることがまず出来ませんので、合鍵を手に入れるというのが先決でしょう。
賃貸物件の場合、オーナーや不動産会社、管理会社の誰かが合鍵を持っていることがほとんどです。
やってはいけないこと、それは自力で鍵を開けようとすることです。
工具を使ってピッキング作業を行い鍵を開けようとする方がいますが、鍵穴を破損するなどのトラブルに繋がりかねませんので、絶対にしないようにして下さい。
自己判断をするのではなく、オーナーや不動産会社、管理会社に対応を仰ぐようにしましょう。

 

賃貸物件の鍵を紛失してしまった場合、合鍵の作製や修理、交換などの作業を行うことになるのですが、その際にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか。
鍵を紛失してしまったのは住人ですので、住人の過失ということになります。
大半の場合は、住人が費用を全額負担することになるでしょう。
鍵を日常的に使用しているのは住人になるのですが、賃貸物件の所有者はあくまでもオーナーや不動産会社、管理会社になります。
それを理解していれば、鍵のトラブルに関する対応で間違えることはないと思います。