家の玄関の合鍵作成時のポイント

合鍵

家の玄関の合鍵を作成する際のポイントから注意点まで愛知県名古屋市の鍵屋さんエコリンクが詳しく解説します。

玄関の合鍵作成の目的

合鍵を作成する理由は人によってさまざまです。
鍵を失くしてしまったら家に入ることが出来ないという理由から作成される方もいらっしゃいますし、家族全員が1つずつ鍵を持ちたいという理由から作成をされる方もいらっしゃいます。
人それぞれ合鍵を作る目的は違いますが、合鍵は必要以上に作成をしないようにして下さい。
合鍵の数が多ければ多いほど、盗難などのトラブルに巻き込まれるリスクが高まりますし、家の安全性に問題が出てきてしまいます。

家の合鍵作成の方法

家の合鍵を作成したいと思った場合、どのようにして合鍵を作成するのでしょうか?
合鍵を作ってくれるお店は街中のいたるところにあります。
ホームセンターの一角に鍵の専門店があったり、駅の中に合鍵作成ショップがあったりと、ちょっと探せば合鍵を作成してくれる店を見つけることは出来ます。
ただ、合鍵を作ってくれる店と言っても、鍵の種類によっては複製をすることが出来ないものもありますし、断られてしまうこともあります。
合鍵の作成を依頼しに店を訪れても、必ずしも合鍵を作製することが出来るわけではないのです。

合鍵の作製が出来ないケース

鍵専門の店でも必ず合鍵を作ってもらえるわけではありません。
状況や鍵の種類によっては、複製を断られてしまうことがあります。
例えば、マスターキー(元鍵)ではなくスペアキー(合鍵)を持って行った場合、複製を断わられてしまう可能性が非常に高いです。
その理由は、マスターキー(元鍵)にはメーカー名や鍵番号が刻印されていることが多く、メーカー名や鍵番号が複製時に必要なことがあるからです。
また、複製された鍵つまりスペアキー(合鍵)から新たに鍵を複製しようとした場合、マスターキー(元鍵)との微妙な誤差から上手く鍵の複製が出来ないこともあるのです。
無理に誤差がある合鍵を使用して開錠しようとすると、鍵穴自体に問題が起こってしまう可能性もあるので、合鍵から合鍵の複製はお勧めしません。

合鍵の作成が難しいタイプ

合鍵を作りたいと思っていても、鍵自体が複製をすることが難しい種類があります。
近年、防犯意識が高まってきていることもあり、ピッキング対策などからより精巧な鍵が作られるようになってきました。
鍵の側面がギザギザになっている一般的な鍵の種類であれば、鍵専門のお店や合鍵作成ショップで合鍵を作ることが可能です。
防犯性がかなり低いというわけではありませんが、合鍵を作成出来るということから、より防犯性を高めたいのであれば、より防犯性の高い種類の鍵に交換をされることを勧めます。
最近設置が増えてきている鍵が、表面にボコボコとした丸い溝が彫られているタイプの鍵です。
ディンプルキーと呼ばれる種類の鍵で、精密度が高く、防犯性が高い鍵だと言われています。
ディンプルキーは、ピッキング等の不正解錠を防ぐために開発された鍵ですので、防犯対策で鍵を交換される方にお勧めの鍵です。
ただ、ディンプルキーの場合は、合鍵の作成が非常に難しいと言われています。
合鍵を作れたとしても専用のキーマシンが必要になりますので、専用のキーマシンを扱っていない店では作成をすることが出来ません。
また、より精度の高いディンプルキーになると、メーカー独自のキーマシンでしか合鍵が作成出来ないこともあります。