鍵の修理を依頼する場合におさえておくべきポイント

ポイント

鍵にまつわるトラブルは本当にさまざまです。
鍵自体を紛失してしまうことはもちろんのこと、鍵が折れたり曲がったりと鍵の形状が変わってしまい使用出来なくなるトラブル、鍵を差す鍵穴が壊れてしまうというトラブルなど、さまざまなトラブルが考えられます。
鍵のトラブルに巻き込まれてしまったら、自力でどうにかしようとせずに、鍵の専門業者に連絡をして修理や交換をしてもらうようにしましょう。
鍵に関連するトラブルは色々とありますが、どういったトラブルがどのような原因によって起こりやすいかを知っておくことで、トラブルが起こった際も焦らずに冷静に対処出来ると思います。
また、トラブルの際に鍵の専門業者に依頼をして詐欺などに遭わないよう、あらかじめ修理や交換にかかる費用を知っておくことも非常に大切なことです。
ここでは、鍵のトラブルの原因と修理や交換の際にかかる費用について、詳しくお話をしていきます。

鍵のトラブルが起こる原因

鍵のトラブルで最も多いのが紛失と言われていますが、それ以外にも鍵に関連するさまざまなトラブルは起こる可能性があります。
例えば、鍵が折れたり曲がったりと本来の形状と異なってしまい、開錠・施錠が出来なくなってしまうこともあります。
また、鍵ではなく鍵穴にモノが詰まったり劣化をしてしまうなどして、鍵が差せなくなってしまうこともあります。
色々な鍵に関連するトラブルがありますが、それぞれの原因があります。
原因を知っておくことで、万が一トラブルに見舞われても、スムーズに対処をすることが出来るのではないでしょうか。

 

鍵が折れたり曲がったりしてしまった場合、素人では修復をすることは不可能です。
鍵穴に鍵を差した状態で折れてしまった場合、折れた部分に手が届くような状態であれば、ペンチのようなものでつまんで引き抜いて取り出して下さい。
この際に、折れてしまった鍵を押し込むようなことをしてしまうと、鍵穴自体を交換しなければいけなくなりますので気を付けましょう。
無理な場合は、業者が来るまでそのままの状態にしておくことです。
また、折れた鍵を接着剤などでくっつけるというようなことは、絶対にしないで下さい。
接着剤でくっつけることが出来たとしても、また折れてしまう危険性があります。

 

鍵が曲がってしまった場合、鍵穴から引き抜くことが出来そうなら引き抜いて下さい。
無理をして引き抜いてしまうと、折れてしまう可能性がありますので、無理はしないようにしましょう。
曲がった鍵をペンチなどを使って元に戻すようなことはしないで下さい。
一見元通りに戻ったように見えても、何らかの形状の変化が起こっているはずです。
鍵が差さらなくなるというトラブルや鍵穴に悪影響を及ぼすことも考えられますので、一度曲がってしまった鍵は使わないようにしましょう。

鍵の出張修理・交換にかかる費用の相場

鍵を紛失してしまった、鍵が壊れてしまった、鍵穴が壊れてしまったなど、鍵に関するトラブルが起こった場合は、鍵の専門業者に修理や交換の依頼をする必要があります。
鍵の専門業者に鍵の修理や交換を依頼する場合、当然ですが費用がかかってきてしまいます。
鍵が開錠・施錠出来ないとなると、生活に支障をきたすことになりますので、一刻も早く修理・交換をしたいと思う方がほとんどでしょう。
鍵の修理や交換にかかる費用は業者によって異なりますので、業者選びを間違ってしまうと高額の費用を支払うことになってしまったということにもなりかねません。
トラブルが起こった際はゆっくりと費用について考える余裕もないと思いますので、前もって費用のことを知っておくことが非常に大切になります。

 

鍵の専門業者が請求をする費用というのは、鍵の開錠作業や修理、鍵の交換・作成、シリンダーの交換などの作業にかかる料金と出張料金、部品代の大きく3つになります。
トラブルの内容やドア・扉の種類、鍵の種類によって、大きく費用が異なってきます。
例えば、鍵の開錠作業であれば、住宅のドアや扉だと8000〜15000円の費用がかかりますし、バイクであれば7500〜9000円、車だと8000〜1000円の作業料金がかかります。
また、鍵の作成をしなければいけない場合、鍵の種類が住宅のドアや扉で一般的なシリンダーであれば9000〜16000円、防犯性の高いシリンダーだと10000〜20000円の料金がかかります。
バイクだと8000〜18000円、車だと国産車は9000〜13000円、外国車は1000〜17000円の料金がかかります。
同じ鍵の作成でも、鍵の種類によってここまで大きなさが出てきてしまうのです。

 

事前にある程度必要な費用を知っておくことで、鍵の専門業者に依頼をする際も料金の確認で依頼をするかどうかを決めることが出来ますし、高額な料金を請求されることもなくなるでしょう。
鍵のトラブルというのは、日常生活の中でいつ起こるか分かりませんし、誰もが起こる可能性があると言えるトラブルです。
以外と身近に起こるトラブルであることを認識して、トラブルが起こった時に焦らずに対処出来るよう、ある程度の知識は身に付けておくことをお勧めします。