鍵紛失のトラブル解決方法

マンションの玄関

生活をするうえで「鍵」というものは欠かせないものと言えます。
自宅やオフィス、自転車、バイク、車など、鍵を使用するものは数多く存在しますし、どれも普段の生活に当たり前に使用をしているものです。
鍵は身近な存在であるということから、「鍵をなくした」というトラブルは多くの方が経験をされているのではないでしょうか?
自宅に入ろうと思ったら鍵をなくしてしまっていた、オフィスの鍵が見つからない、車やバイクの鍵を紛失したりインロックをしてしまった、というような鍵のトラブルは、生活をしていれば誰にでも起こる可能性はあります。
鍵を紛失するトラブルに巻き込まれると、非常に焦ってしまいますし、動揺もしてしまうでしょう。
そんなときにも冷静に対応出来るように、ここでは鍵紛失のトラブルが起こった際の対応方法や解決方法といったものをご紹介したいと思います。

鍵をなくしたときにすべきこととは?

鍵は私たちの生活に欠かすことの出来ないものですので、その鍵をなくしてしまうと、生活に大きな影響を及ぼします。
自宅の鍵をなくしたら家の中に入ることが出来ませんし、自転車やバイク、車の鍵をなくしたら移動手段を奪われてしまうことになります。
鍵の紛失は生活に大きな影響を与えることから、万が一鍵をなくしてしまったときには、焦ったり動揺をして冷静に対応をすることが出来なくなってしまいます。
パニックになってしまうと、さらに悪い方向へ行ってしまいますので、冷静に対応をするためにも紛失時の対応方法や解決方法を知っておくようにしましょう。
鍵をなくしてしまったときにすべきこと、それは大きく3つあります。
それぞれのすべきことを、冷静になって対応することで、鍵の紛失によって起こる被害を最小限に抑えることも出来ます。

鍵専門の業者を呼ぶ

鍵を紛失して最初にすること、それは鍵専門の業者に連絡をして鍵を開けてもらうことです。
特に自宅の鍵を紛失した場合、その日の生活に影響が出てしまいますので、まずは鍵を開けることを考えて下さい。
鍵が無い状態で鍵を開ける場合、正規の開錠方法で鍵を開けることが出来ません。
その場合は、ピッキングという方法を使って、錠前を解除して鍵を開けることになります。
ピッキングを行うには技術が必要になりますので、鍵師や鍵前技師を呼んで実際に鍵を開けてもらいます。
鍵師や鍵前技師が常駐をしている鍵専門の業者は全国各地にたくさんあります。
この業者選びも鍵紛失のトラブル時には非常に重要になってくると言われています。
業者によっては、時間外で対応をしてくれない場合があったり、依頼をしてから数時間待たされてしまったということがあったり、法外な費用を請求されたなど、悪徳とも言える対応をしていることがあるのです。
もちろん、24時間いつでも対応をしてくれて、依頼から30分程度で駆けつけてくれるような鍵専門の業者もたくさんあります。
また、サービス内容が素晴らしくてなおかつ良心的な価格設定をしている業者もたくさんあります。
鍵の開錠にかかる費用は、地域制や時間帯もありますが、1万円から5万円くらいまでの価格帯が平均のようです。
鍵をなくしてしまったときは、気持ちが焦ってしまっているので、鍵専門の業者を選ぶ判断能力がどうしても鈍ってしまいます。
悪徳な業者に依頼をすることがないよう、あらかじめ万が一の時に連絡をする業者を決めておくのもいいのではないでしょうか。
インターネットの口コミや評判を見てみますと、業者ごとの実績や知名度、評判などを知ることが出来ます。
安心して任せることが出来る鍵専門の業者を選んで下さい。

鍵の交換

鍵を紛失した場合、業者に依頼をして開錠をしてもらっても、紛失した鍵が戻ってきたわけではありません。
誰かに拾われて使用をされてしまっては困りますので、鍵を新しいものに交換することをお勧めします。
鍵の交換にかかる費用は、安くて1万円程度で数万円する場合もあります。
費用に関しては、鍵の種類によっても大きく変わってくるようです。

警察に届け出る

鍵を紛失した場合、自分がどこかで落としてしまったということも考えられますが、盗まれてしまったということも十分に考えられます。
盗難に遭った場合は、事件に巻き込まれるリスクも高まりますので、万が一のことも考えて警察に届け出るようにしましょう。
鍵を新しく交換したから警察に届け出る必要はないのでは、と思うかもしれませんが、もしものために警察には知らせて下さい。
また、公共交通機関を普段から利用をしているという方は、公共交通機関の忘れ物センターに鍵が届けられている可能性もあります。
紛失した鍵を見つけ出すことを考えて、利用している公共交通機関に鍵をなくしたことを届け出ておくことも必要だと思います。

 

鍵を紛失してしまうと、生活に非常に大きな影響を与えます。
鍵をなくさないために、目立つキーホルダーを付けておくようにしたり、特定の場所に置くようにしたりと、鍵の場所を普段から強く意識しておくようにしましょう。
関連リンク:よくある鍵トラブルと解決方法